里山風屋敷林でのスローライフ生活記録。摘み草、スローフード、ときどき手作り木工を楽しんでいる岩手のおばさんです。以前の木工ブログhttp://aisarikicc.exblog.jp/                 


by tsumiki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:書籍( 6 )

                    朝晩めっきり寒くなりました・・・
   今朝の気温は2℃ 手がかじかんでしまい香功も外で出来るのは今日限りかも・・・008.gif

            買い物途中の大堤公園でも紅葉が始まっていました034.gif
       田舎だから許される? 路肩に車を止めてカメラを持って5~6分写してきました

            堤の向こうに真っ赤に紅葉したツタウルシが目立ちます
c0204740_16375226.jpg


         望遠機能が弱いカメラでは引っ張るのは無理と分かっていても・・・037.gif
                   きれいだから許されるかな(´▽`*)アハハ 
c0204740_1641116.jpg


       道路下のモミジも変身中です・・・風が吹いていてピントが甘いですけどね
c0204740_16421414.jpg


          眼の前にツタウルシが実をたくさんつけていますギョギョッ コワーイ!
c0204740_16305092.jpg


            雨がポツリポツリと降りだしてきましたので退散しま~す
c0204740_1631107.jpg



                       ・・・マイブームは・・・

c0204740_16581112.jpg

             ここ1週間くらい前から5時起床で1時間読書に夢中です
     以前から読みたい候補にはなっていたのですが、きっかけを作れないでいましたが・・・
         ドラマ化が決まったと知ってから、あわてて読み始めたtsumikiです

 
現在下巻の1/3あたり・・・抜粋

母礼(モレ):星にも命がある。いくつもの星が光の筋となって流れて果てる。しかし、星のその最期のときが一番美しい。どんなに大きく、どんなに輝いている星よりも光を発して消える。人は死ねば星になると母から聞かされたものだが、俺はむしろ星のように死にたい。無数の星の中に埋もれているのに、どの星も死ぬ時は己を示して果てる。皆にしっかりと見守られながらだ」

阿弖流為(アテルイ):「田村麻呂ほどの相手なれば俺も流れ星 となって果ててもいい。俺はあの男が好きだ」

母礼(モレ):「向こうもそう思っていよう」


           蝦夷の心を守り、戦い抜いた古代の英雄、阿弖流為(アテルイ)
             この時点で死の覚悟を決めたかのような会話が続くが・・・
             
     坂上田村麻呂を前にして、どんな戦略をたて、どのように北の大地に果てていくのか? 
            って、まだ果てていくところまでは3日間はかかりそうだが・・・
                   明朝の読書が楽しみだ・・・( ^-^)ウフッ!


     【豪華キャスト】・・・ドラマ化(2013.1月予定)
  ・アテルイ(阿弖流為)- 大沢たかお      ・モレ(母 礼) - 北村一輝
  ・カナ(佳 那) - 内田有紀            ・アマヒコ(阿真比戸) - 石黒賢
  ・コテナ(古 天 奈) - 伊藤歩          ・アサト(阿 佐 斗) - 高梨臨
  ・アザマロ(呰 麻 呂) - 大杉漣         ・アマウラ(海 浦) - 江波杏子
  ・アクト(阿 久 斗) - 神山繁          ・タムロマロ(坂上田村麻呂) - 高嶋政宏
  ・カンムテンノウ(桓武天皇) - 近藤正臣

[PR]
by tsumiki83 | 2012-10-25 19:04 | 書籍
c0204740_18205625.jpg
c0204740_18211043.jpg
    

         テレビドラマ「運命の人」を途中から見初めてしまったtsumikiでしたが・・・
              本棚に眠っていた本を改めて読むことにしたのである042.gif
        一度手にして読み始めたものの・・・なかなか進まず積読状態になっていた本・・・

                     ドラマの手助けもあり
              グイグイと引き込まれるほどの魅力にとりつかれ
                    読み出したら止まりません!037.gif
             ドラマの最終章の放映前にやっと読み終えました038.gif

西山事件(外務省機密漏洩事件)という実際にあった事件を小説的に脚色したフィクションで、
        「文藝春秋」の2005年1月号から2009年2月号まで連載した小説
           「運命の人」を4巻に収めたものなのです



            内容は一見、強大な国家権力とジャーナリズムの全面戦争?
       そして、政府の秘密保持と国民の知る権利、報道の自由の対決にみえるが
                          実は・・・
        毎朝新聞政治部記者の弓成亮太(元木雅弘)が沖縄返還交渉の取材中
              日米間で密約が結ばれようとしていることを知り
       外務省事務官の三木昭子(真木ようこ)より秘密文書を手中にするのです
    裁判では、この秘密文書を手に入れる為に三木明子をそそのかしたとされたのです

               密約が公になるのを恐れた検察側は
      国民が興味をもつ男女関係に話を転換させ、密約の存在を隠蔽したのです
        外務省機密漏洩事件、国家公務員法違反の裁判となったのです
           1審は三木明子の有罪(国家公務員法違反)実刑6ヶ月
                         その5年後の
      最高裁は弓成亮太の有罪(国家公務員法第111条そそのかし違反)実刑4ヶ月

   その後弓成は退社を強いられ、逃亡の末沖縄に辿り着き海に転落死を試みるも助けられ
          やがて沖縄の歴史と現状を聞耳取材をしている弓成がいた
     取材記事が琉球新聞に掲載されたのがきっかけで沖縄の県民運動に参加し
       テレビニュースで一瞬映った画像で弓成の生存が世に知れることとなる

          15年も疎遠になっていた妻(松たか子)と、再会が果され
                 初めて苦労の詫びを伝える弓成
       そんな中、アメリカにて30年ぶりに当時の密約文書が見つかり
             弓成の潔白が証明されたかの思ったのだが
             外務官僚らに否定され、未だに未解決状態
           密約時点で動いた金銭の行き先すら不明なのだ

                         ***

             普天間基地移設問題、沖縄海兵隊移設問題など
            連日の国会中継で審議が紛糾している最中ですが、
                   沖縄の米軍基地問題は、
        沖縄が日本に返還されて以降も未解決事項があることに気付かされます
          そして、今なお、沖縄県民は重い犠牲を強いられ続けているのです
                 沖縄の戦後は終わっていないのです002.gif

            大正13年生まれの作家、山崎豊子のバイタリティーには・・・
                     只々見事という言葉しかない038.gif
[PR]
by tsumiki83 | 2012-03-19 18:36 | 書籍

運命の人  ♪♪   

全国的に雨降りの予報が出ていた今日・・・057.gif
岩手は・・・今朝から降り出した雪が10㎝超えとなって・・・
今の時期にしては珍しい除雪機の出動でした005.gif

その雪は午後1時頃からは雨に変わり・・・降り続きました057.gif 
         夕方5時頃の写真です
c0204740_1715186.jpg


      今日のブレックファースト
c0204740_1752035.jpg
ジャガイモの苦手なつれあいだけど・・・
チーズに騙された? のでしょうか・・・
珍しく「まいう~」って言ってくれましたよん!

タジン鍋で・・・
ジャガイモをバターで炒めて・・・
菜の花、人参、エリンギ、ギンナンも入れて
パルメザンチーズ、塩、胡椒で味付けして・・・
ピザチーズを乗せて・・・
オーブンで焼きあげました

カスビ海ヨーグルトに・・・
自家製ブルーベリージャムを乗せて
いちご「べにほっぺ」とルッコラのサラダ
カナンの食パンに・・・
いつもの・・・キャメルのコーヒーで



          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

              悪天候の日は来客もなく・・・のんびりな日
                   こんな日は嬉しい読書日に・・・

     手元にある本、山崎豊子著「運命の人」はパラパラ見の斜め読み・・・後は積読状態
                なので・・・内容が全く覚えてなかった・・・008.gif

       昨日は・・・PM9:00から ドラマ化された、山崎豊子「運命の人」を見たが・・・
                  本木雅弘が扮する毎朝新聞記者
                  真木よう子が扮する外務省事務官
          その二人の明暗を分けた裁判にくぎ付けになった先週だったが・・・
       一変して弓成記者に判決が下されるシーンには、固唾を飲む・・・有罪だった

         ドラマに見入るようになってから・・・あわてて本を読みだすtsumiki

            一見ノンフィクション?と思うほどリアルであるが・・・
       西山事件という実際にあった事件を小説的に脚色したフィクションで、
        「文藝春秋」の2005年1月号から2009年2月号まで連載した小説
               「運命の人」を4巻に収めたものなのです

c0204740_20173538.jpg←単行本「Ⅰ」 「Ⅱ」    
          ↓文庫本 「Ⅲ」 「Ⅳ」
c0204740_20192172.jpg

            ポポも傍で相手してちょうだい!って・・・甘えてくるし・・・
            女の子でしょ! 恥ずかしいよ! って言いながらカシャ!
c0204740_1721736.jpg


             読書も疲れるから・・・ときどき体を動かさなきゃ~

        昨日、産直「ろんちゃん」でKちゃんにうぐいす餅をご馳走になって・・・
                 レシピまで頂いてきていたので・・・
           作ってみました~ 所要時間10分  超簡単でした038.gif
          
c0204740_174837.jpg

もち粉80g  砂糖40g  水120cc  
・・・を混ぜて
レンジで1分・・・を3回繰り返し
8等分して・・・熱いうちに・・・

8等分しておいた餡(200g)を包んで
きな粉をまぶして完成!

形は俵型になってしまったけど・・・
美味しかったです~

   059.gif仲良く1ヶづつ試食してから・・・あらら! 写真撮らなきゃ~(⌒∇⌒)ノ""
           餡は・・教えてもらった通り、大判焼き屋さんで買いました・・・



               ポールモーリア・シバの女王をどうぞ 
[PR]
by tsumiki83 | 2012-03-05 20:55 | 書籍
c0204740_1661877.jpg

           「僅か8ヶ月でホテル・サービス№1に輝いた秘訣」
著者:鈴木忠美氏は岩手県盛岡市と北上市のホテルで総支配人をされた方で毎日書き続けた「サービスのワンポイントレッスン」を1冊の本にまとめたものです。
Twitteyで拝見する笑顔が書籍のどこにも見当たらないのが、ちょっと寂しい気がします。
とっても素敵な笑顔を皆さんに紹介して欲しかったなぁとtsumiiは感じました~(=´∀`)人(´∀`=) 

文中で本人も言っていますが、すばらしい3人の上司との出会いが、鈴木氏をホテルサービス№1にさせたのではないでしょうか。
Tsumikiもさまざまな上司と仕事をさせていただいたが、人間的に尊敬出来る上司であれば、会社のためなら、どんな苦労もこの上司と共に・・・と、思うのだが、その上司の私生活がめちゃくちゃな上、怒鳴り散らすだけの威厳の伴わない人であれば、心服するものは誰もいないだろうし、率先して行動に示す人を信じてついて行くのは明らかなのです

つまり鈴木忠美氏はすべてにおいて、率先垂範する上司だから、部下の信望も厚く、成功したのであろうと感じた。
人間の心理を先読みできることを身に付けたホテルサービス精神は社会のあらゆる分野で通用するもので、文中に「学ぶは真似ぶ」と表現しているが、一人でも多くの方がこの本から真似ぶことを期待したいものです。

家庭内においてもお互いがホテルサービス精神で生活できれば、それは家庭が円満間違いないと思う。違いはサービスを提供して対価を得るか、得ないかの違いだけなのだ。
古風なtsumikiホテルでは、一方的なサービスのみで、それが当たり前なのだがサービスの代償など考えたこともない・・・(笑

c0204740_1663414.jpg

              「50才を超えても30代に見える生き方」
            こちらはサブタイトルが・・・人生100年計画の行程表とある

著者の南雲吉則氏・医学博士が自ら実践した「アンチエイジング」なのです
生活習慣と食事の内容を変えただけで・・・56歳の現在、脳年齢26歳、骨年齢28歳、血管年齢26歳だと言う

免疫力に関する誤解・・・
免疫とは体に備わった防御機能というのは分かっていたが・・・免疫過剰は自己細胞を破壊し、化学物質が放出され、臓器や血管が傷付き、老化にもつがなるという

一物全体食・・・
魚も野菜も全体食できるものを食べること・・・これは実際にやっていますハイッ
肉を食べないと健康になる・・・肉好きのtsumikiにはグサッときました~
塩も砂糖もまったく使わなくてよい・・・これは理屈では分かってますって~

少々反抗心を抱きながら・・・読み進みましたが、ごもっとも、なるほどと感心することばかり・・・

その中で牛蒡茶が紹介されていましたので・・・早速作って飲んでみました~
ささがきしたコ゜ボウを蓄熱器の上に1日おいて乾燥してから・・・
フライパンで炒ったら、お茶の完成!
しかし、tsumikiは全体食をと・・・フードプロセッサーにかけて粉末にしてみました
さっそく、ゴボウティーを飲んでみましたが・・・香ばしくて好き! これも全体食
c0204740_16411440.jpgc0204740_16404758.jpg

60代後半のtsumikiが、若返りたいと思ったわけではなく・・・
これから先の生き方にヒントを期待したのでした

tsumikiの目標・・・
生活習慣の見直し・・・食事量を 60% 80%に (初日にもうつまづいたので訂正しました)
              塩分、糖分は半分に・・・  

                 頑張りますよ~~~!(^_-)-☆

[PR]
by tsumiki83 | 2012-02-20 17:16 | 書籍
暑中見舞いをアップした途端に台風がやってきて・・・
過ごし易い日が続きました~
お陰さまで屋敷林の除草やら観察やら・・・充実日になりました~
こんな日はお客様も大歓迎!!   本日の来客は3組さま~~

でもでも・・・明日からまた暑くなりそうですよ~~

晴耕雨読は一般人の常識・・・
tsumikiの場合は太陽さんが苦手なので・・・晴読雨耕に逆転??
つまり暑い日は動きたくありません!!
ログに避難して・・・読書三昧です

c0204740_21314072.jpg
「北上の先人」「御境塚ものがたり」の2冊の本
斉藤駿一郎先生より贈呈いただきました

自己中心的な考え方がごく普通な世相ですが、人事を尽くして天命を待つ先人たちの努力と偉大さを忘れていたことに気付かされました

c0204740_2133787.jpg
染色家で重要無形文化財「紬織」の保持者(人間国宝) 志村ふくみ随筆集「ちようはたり」

染色家だけあって・・・

人間的にも色っぽさを感じさせられ

ぐいぐいと引き込まれる表現力のすばらしい本に久々に出逢ったような気がしました



======================================================================


             小動物たちにとって・・・10年以上もの休田地は安住な場所なのです
                  でも・・・全部刈り取られてしまいました~
                        悲しい光景です
              ヨシだって浄化作用もあったし、草連玉の花が盛りだった・・・
               ギボウシ、トラノオなども咲いてきれいだった草原・・・
                  ミソハギの群生美も・・・あぁ!! ショック!!
c0204740_22735.jpg
 
          目の前の変わり果てた休田に呆然とするtsumikiを慰めてくれるような・・・
            真っ赤な空も一緒に怒ってくれてるような気がしてなりません!!
c0204740_228657.jpg

[PR]
by tsumiki83 | 2011-07-20 22:28 | 書籍
今朝の気温-4℃ 雪が深々と降っています 積雪は7~8㎝でしょうか・・・
今日もウォーキングはバック歩行で1Km・・・たっぷりと汗ばみ適度な運動になりました

 
         昨日は-8℃  日の出が早くなってきています
       普段には、見過ごしている雑草の美しさに目を奪われました
c0204740_192175.jpg

         生き物たちが水を求めて三々五々集まった足跡を見ると・・・
             その光景を想像してみたくなります・・・
c0204740_1943289.jpg


☆************☆************☆************☆

   最近手にした、とても素敵な2冊の本を紹介します006.gif

c0204740_1972855.jpg1冊は「若杉友子の野草料理教室」


この本はタイトルが料理本のように思われますが、内容は生活の知恵の本と言うべきなのかもしれません
野草を食べることで身体を立て直すという、未来の生き方を切々と訴えている本です。

20年前静岡で≪命と暮らしを考える店・若林≫の食養の店をオープンし、野草料理教室を開いて多くの人たちへの指導にあたられてきた方です

その後、京都市綾部に越されて11年、自然の中で食養人生を楽しまれているようです。

その勉強会の参加者だった、NPO法人「メダカのがっこう」中村陽子さん、高草・菱川ご夫妻等が、これを形に残さなければと思い続けたことが、3年がかりの出版にこぎつけたようです
この本を手に出来たことで・・・
tsumikiが摘み草に求めていたこと、訴えてきたことが見えたきたような気が致します034.gif
折々に紹介させていただこうと思っております

この本との出会いは・・・
北上のcafé手風琴のカウンターでした

早速、オーナーのGMさんに取り寄せをお願いしました
そして、兵庫県のIRさんから送って頂いたものです038.gif

Mさん感謝・感謝です  ありがとうございました!!
因みに、市販されている本ではないようです!!

c0204740_19235195.jpg
もう1冊は、偶然訪問したブログ・・・
「ば~さんが じ~さんに作る食卓」で知ったのです


「いつも、ふたりで」
「ば~さんが じ~さんに作る食卓」:講談社です


このブロガーさんは70+α才のご夫婦sesentaさんとcinkoさんの二人三脚のそれはそれは素晴らしい、減塩でヘルシーなお料理の数々の紹介ブログ
ファンの多いことが伺い知ることができます

この本とブログから学ぶことは・・・
tsumikiのいつもの田舎料理とは違う、上品さと発想、そして食材の数々などです
真似ることから始めようと思っています ブログにアップできたら嬉しいです~~ (^_-)-☆
[PR]
by tsumiki83 | 2011-01-28 20:01 | 書籍